窓から見える南国の植物とコーヒーの香りと。
 
暫し日常を忘れ、おいしい時間を過ごせますように

ノマドカフェ.jpg

2020年06月20日

羽の記憶


たしかあの日は昼間雨が降って そして止んで・・・

夕方 外に出てみるとひんやりと涼しかった

だから「今日も大丈夫」「今日じゃない」と思って余裕で電気を煌煌と付けて ひとり肉じゃがを食べていたら・・・

ドイツの電車より遥かに正確な時間

今年も彼らはやってきた

近年稀にみるかなりの大所帯

地上に降り立つや否や一対の羽なんぞ未練なく落とし

ちょっと別の生き物になって 好き勝手動き回る彼ら

ひとしきり格闘してから電気を全て消し 裏の部屋に避難

そして夜10時頃になって隅から隅まで掃除機をかけた

あれから数日 

綺麗に掃除したつもりでも ふとした時にふわりふわり

舞い降りてくる美しい羽は彼らが襲来した証


20200620美しき羽2.JPG





その羽の正体は   島では「流し虫」とか「八時虫」と言われ 一般的には「シロアリ」と呼ばれるものです
posted by nomado at 18:04| 鹿児島 ☁| Comment(0) | シマノシゼン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
アクセスマップ2.jpg