窓から見える南国の植物とコーヒーの香りと。
 
暫し日常を忘れ、おいしい時間を過ごせますように

ノマドカフェ.jpg

2011年02月02日

トウキョウ カフェ巡り


昨年お友達のMさんに紹介して貰ってとても気に入ったカフェ=itonowa。今年も同じメンバーでお邪魔しました。

itonowaは、わたしたち飲食店には馴染みの深い「合羽橋道具街」の一画にあります。あの界隈、買い物で疲れても入れるお店がなかったのでitonowaの登場は「待ってました!!!」という感じだったのです。

すっきりとシンプルな、それでいて温かみのある店内。美味しいゴハン。今回は満席だったので、お店に入れるまでに正直かなり待ちました。それでも「待った甲斐があった!」と思わせてくれる、そして待ったことが不思議と気にならない。それは「味のレベルの高さ」も然ることながら、店主の渋谷さんの持つ柔らかな雰囲気に因るものが大きいのかな〜と思います。


110112itonowa.JPG
腹ぺこのわたくしは「本日のカレー」大盛り
チャイはうちと同じ位大きいカップ
「茶飲み」のわたしとしては嬉しい限り
恐らく渋谷さんも「茶飲み」と見ました(笑)


110111itonowaロールケーキ.JPG
食後にオーダーしたしっとりとした生地のロールケーキ
クリームたっぷりでもくどくなく美味しい
勿論ジャムも手作り


itonowaはうちとも規模的に同じ位。店主の渋谷さんが食べ物も飲み物も作って、サービスはアルバイトの方がされています。それだけに「学ぶこと」は沢山。まだまだ経験の少ないわたしたちは、どうしたら(いい意味で)要領よく切り盛りできるのか試行錯誤中なのですが、こうして同じ位の規模をひとりできちんとされているのを間近で見ると、色々と考えさせられます。

ランチの時などは「なるべく早くお出ししたい」という気持ちから、ついバタバタとしてしまうノマドの厨房。ですが渋谷さんを見ているとそんな様子は全くなく、いつも穏やな雰囲気を持って、同じ調子で動いていらっしゃる。ブレのない感じ、と言ったらいいのか。。。それが一番スゴイな〜と思うのです。きっとそれは持って生まれたものもあると思うけれど、同じサービス業をする者として最も尊敬する点です。

去年のわたしを振り返ると、もう入った穴から出たくない位(笑)。慌ただしさが接客に出ていたこともあって反省反省。今年はイライラせず、いつも平常心でいることを心がけたいと、渋谷さんを見て改めて思たのでした。


110112不思議な雲.JPG
この日の夕空


その為にももっと計画的にしっかりとした準備をして、心理的にも余裕をもってオープンを迎えられるようでありたい。その為にはどんなことをしたらいいのかを、具体的に考え始めています。それはメニューの見直しだったり、仕込みの仕方だったり。。。

RJは建築士仲間のアドバイスを参考に、新しい厨房のレイアウトを思案中。動きやすい導線を作ることでやりやすくなり、自ずと気持ちにも余裕が生まれると考えています。島に戻ったら早速工事に取りかかる予定。わたしたちの中ではもう、今年のノマドは始まっています。

posted by nomado at 23:45| 鹿児島 ☀| Comment(0) | ノマド イン トウキョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
アクセスマップ2.jpg