窓から見える南国の植物とコーヒーの香りと。
 
暫し日常を忘れ、おいしい時間を過ごせますように

ノマドカフェ.jpg

2020年06月29日

上棟式そして餅蒔き


ノマドハウスデザインが設計をしている宮之浦の住宅

お天気が心配ではありましたが 先日無事に上棟式及び餅蒔きが行われました

餅蒔きに先駆け 屋内では施主が四隅を清め

そして施主ご夫婦・棟梁・設計者でお祝いの膳を囲みました

恐らく都会では行われることが少ない「餅蒔き」

屋久島では 特に地元の方は こうした古くからの習慣を大事にされます

これは災いを祓う為に江戸時代

庶民に広まったとされる「散餅銭の儀」が元のようです

工事の無事 そして集まって下さった方々への感謝

色々な意味を込めて 施主のご家族・友人たちが 餅蒔きとお祝いの宴の準備を整えます

屋久島の中でも集落によって若干 しきたりなどは違うようですが・・・

お供えには「柳」と「矢竹」

自然藷(のような地に根を張るもの)

カメノテ(同じく岩に定着するもの)と塩

一対の赤い魚(今回はアカチビキ)

地中と地上それぞれに実る野菜

そして「太陽」と「月」を形どった紅白のお餅

こうしたお供え物は やはり古来から自然に親しみ生きてきた

森羅万象に「神」を感じる 日本人ならではの考え方に基づくものだと思います

餅蒔きの餅は当日に 女性陣が中心になって餅米を炊き紅白の餅にし 小さく丸めでホイルに包みます

その他に 子供達用にお菓子のセット それから小銭もそれぞれホイルに包みます

今回はそれらを屋根の四隅から施主・2人の息子さん そして棟梁が 集まった人々に向けて蒔きました

餅蒔きの時には雨もほぼほぼ上がり 知人友人 沢山の方々が集まり楽しい餅蒔きになったと思います

その後は用意して頂いた宴のご馳走をみなさんと共に頂きました

工事はまだまだ続きます

梅雨終盤から蒸し暑い季節になりますが 無事に工事が進むことを祈りつつ

大工さん・各職人さん・業者の方々との連携をとり 設計の仕事を粛々と進めていきます


20200627餅蒔き@.JPG


20200627餅蒔きA.JPG


20200627餅蒔きB.JPG


posted by nomado at 18:54| 鹿児島 ☔| Comment(0) | nomado house design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

ノマドのジェラート


2013年から作り始めたジェラート

徐々に種類を増やし 今は6〜7種類になりました

ノマドのジェラートは主に屋久島の素材を使い ノマドでフィリングを作って

鹿児島で美味しいジェラートとミックスして頂いています

夏に向けて麦生の「ぽんたん館」にも納品しました!

ノマドでも販売しております 

地方発送も承っております どうぞご利用くださいませ
(ご来店時&発送依頼は事前にお電話ください 0997-47-2851)

尚 写真の「ハチミツ」は販売を終了しております



20200628ジェラートセット写真.JPG


posted by nomado at 00:00| 鹿児島 ☔| Comment(0) | フード・スイーツ・ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

もうすぐ餅蒔き


ノマドハウスデザインが設計させて頂いている宮之浦の住宅

お天気に翻弄されながらも 着々と進んでおります

棟上げ間近ということもあり

現場の状態は刻々と変わっていく時期

先週からは可能な限り現場に足を運びました

本来「棟上げ」の日にその流れで「餅蒔き」をしますが ただ今梅雨の真っただ中

予め設定した日に棟上げ→餅蒔きと 都合よくできるとは限らないので

お天気のいいうちに棟上げまで一気に!

そして作業を進めながら「餅蒔き」の日を待ちます

当日 どうか晴れますように。。。


01.JPG


02.JPG


03.JPG


04.JPG


posted by nomado at 16:20| 鹿児島 ☁| Comment(0) | nomado house design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

ひとりブック(カバー)チャレンジB


米沢亜衣著「イタリア料理の本」

実はこの本 著者にはちょっと失礼なのですが・・・

料理本としてというより 自分のなかでは写真集だと思っている一冊

写真は尊敬する日置武晴氏によるもの

料理本としては異色な雰囲気の写真なので

もしかしたら???な方もいるかもしれませんが

料理の魅力を最大限に引き出している 素晴らしい写真の数々に魅了されます

日置さん自身もかなり料理をされる方と聞いていますが

料理をしない人には絶対に撮れない 大胆な切り取り方はなるほど納得

近々これを見てイタリア料理 作ってみよう


20200624ブックB.JPG
※纏めてダッシュで撮った本の写真が酷すぎて
 日置さんに申し訳ない!反省!


posted by nomado at 17:55| 鹿児島 ☁| Comment(0) | ノマド文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

屋久島生活 いろいろ出るのです


裏のシンクでちょっと洗い物をしていたら 

なんとなく「視線」というか「気配」を感じて・・・振り返ってみたら

扉の隙間からまん丸い目がこっちを見ていた

目が合ってしばらくすると

そのまま扉の奥にするりとバックしていった

隙間をライトで照らすと 体調50センチ位 細みのボディ 恐らく「からすへび」と思われる

いつからお住まいだったのだろうか?

へびは昔から好きだけれど

自分で捕獲して・・・というのはちょっと自信がない

在住15年目 まだまだやなぁ(笑)

夫不在 帰宅は夕方の予定

逃げられても困るしなぁ

とりあえず逃げないように逃げ場をガムテで塞いで 友達にSOSをした・・・

で!「塞いだから大丈夫!」と思い 気にせず暫くPCに向かっていて

さてそろそろ作業をするか!と席を立ってふと視線を動かしたその先

隙間に閉じ込めておいたはずのへびが目の前に。。。もしや2匹?いやさすがにそれはないよな

友達は5時過ぎに通ったときに来てくれることになってたけど

さすがに今捕獲しないとまずいよな〜と思い

彼から視線をはずさないようにして大家さんにSOS

暫くして夫婦揃って捕獲にきてくれました

そして3人で協力して無事捕獲→庭に逃がしました!ほっ

まぁまぁ機密性のある家でも屋久島ではいろんなものが入ってきますね

そういえば島に来て初めて住んだ家の天井には なかなかの大きさの青大将が住んでたな

写真は彼の抜け殻です



20200623抜け殻.JPG




posted by nomado at 23:18| 鹿児島 ☀| Comment(0) | シマノシゼン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

ひとりブック(カバー)チャレンジA


群ようこ著「ゆるい生活」

一時身近なアラフォー以上の女子友に勧め捲ったこの一冊

いわゆる健康本は気が重くなったりもするけど

さすが群さん!軽やかに読めます

もともと漢方に興味もあったので興味深いこと満載

不調がある方にもない方にもオススメです

漢方(中医学)の世界ではデータに頼らず それぞれの「人」を診るという考え方

それに強く共感します



20200622ブックA.JPG
posted by nomado at 15:33| 鹿児島 ☀| Comment(0) | ノマド文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

ひとりブック(カバー)チャレンジ@


コロナ禍で色々な「リレー」が回っていますね

だいぶ前に友達から「ブックカバーチャレンジ」の打診を頂いたのですが

ちょっとハードルが高かったのでお断り・・・

マイペースならできるかなということで

気まぐれに「ノマド文庫」から本の紹介をしようかと。。。

1冊目は科学絵本のジャンルから 甲斐信枝さんの「ざっそう」

なんと48年位まえに発行された本です

90歳になられる甲斐さんの観察眼と「ざっそう」への愛が感じられる一冊

足下にある 普段は目に留めないような地味な「ざっそう」たちを

わたしたちは目の敵にしてしまったりもしますが

時には甲斐さんのようなまなざしで「ざっそう」を見てみようと思わされます


20200621ブック@.JPG



posted by nomado at 21:04| 鹿児島 ☔| Comment(0) | ノマド文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

羽の記憶


たしかあの日は昼間雨が降って そして止んで・・・

夕方 外に出てみるとひんやりと涼しかった

だから「今日も大丈夫」「今日じゃない」と思って余裕で電気を煌煌と付けて ひとり肉じゃがを食べていたら・・・

ドイツの電車より遥かに正確な時間

今年も彼らはやってきた

近年稀にみるかなりの大所帯

地上に降り立つや否や一対の羽なんぞ未練なく落とし

ちょっと別の生き物になって 好き勝手動き回る彼ら

ひとしきり格闘してから電気を全て消し 裏の部屋に避難

そして夜10時頃になって隅から隅まで掃除機をかけた

あれから数日 

綺麗に掃除したつもりでも ふとした時にふわりふわり

舞い降りてくる美しい羽は彼らが襲来した証


20200620美しき羽2.JPG





その羽の正体は   島では「流し虫」とか「八時虫」と言われ 一般的には「シロアリ」と呼ばれるものです
posted by nomado at 18:04| 鹿児島 ☁| Comment(0) | シマノシゼン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスマップ2.jpg